「知らない歌ばかりでしょうけど・・・。

作曲まりえまりって私の筆名です。

今の自分にピッタリ合うとか、

他の人と同じ歌は否!っていう人、

何れも此れも同じ様な歌で飽き足りないという人。

居ると思うけどTryしてみて!

ちょっと難しい曲あるかもしれないけどYouTubeとかiTunesなどで聴いて、お気に召したら歌ってみて下さい。」

牧村旬子の言いたい放題解説?

またM-WORLDが始まった、MakimuraのM、MarieのM。

気分でパッと変わるので、周りの人達は泣いています。

「Broken Heart」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

Broken Heart 歌詞.jpg
Broken Heart - Junko Makimura
00:00 / 00:00

冷めた愛など追いかけることは無いけど、heartがチクチク!誰にも言えないこの思いヨーシこの歌で忘れよう!

「2コーラス」終わった後、endingまで”oh darling please come back to me"と2回出てきます。後の方は語り「セリフ」のように言ってもいいし、最初のメロディーと同じように歌ってもOK。

歌いやすい方(慣れてきたらセリフ)で!

最後の"Uh〜UhWoo〜"は悲しみを残しながら格好良くキメル。

「振り向いてmy life」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

振り向いて my life.jpg
Furimuite my life - Junko Makimura
00:00 / 00:00

イントロが無いので、頭の「Dmの音」をキャッチして「キット〜〜」と入ります。

慣れると、こういうのも面白いよ!

生きていれば、誰でもどうにもならないことがあるでしょ?自分の歩いて来た道、ちょっと振り向いて〜明日への思いを込めて思いっきり自分の気持ちを打ちつけて、歌ってみたら・・・スッキリって感じ・・・。

​マイナーで少し暗いけど、キーの調節で男性もRock風に、Wildに我鳴っても、イケルから歌ったら?

「Tokyo B」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

Tokyo B.jpg
Tokyo B - Junko Makimura
00:00 / 00:00

謎めいて、煌めいて、ときめくように、撓やかに、すべてが私を見つめ、すべてが思いのままに、「今が大切いつまでも今!」ナぁーんてね!有り得ないから、この歌「Tokyo B」でこの気分、味わってみましょう。

CuteUp Tempoに乗って可愛く、Sexyに、後半の8小節BalladeになるところAfternoon TeaBaroqueでひとり、時間を止めて、もう一度Elegance・・・まで、この部分は女王様気取りで、ゆったりと歌ってみて!

(胸を反らして、顎を上げ気味にネ!)可愛く小生意気な感じ。女磨きのレッスンにもなるかもネ?皆んなで練習しよう。

​サァ!あなたがTokyo B。格好良くキ・メ・テ!

「本当の恋と思うから」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

本当の恋と思うから_edited.jpg
HontounoKoitoOmoukara - Junko Makimura
00:00 / 00:00

何故かブスが歌うとチョット得する歌、いい女が歌うともっといい女に、昭和の香りを思いたくなるような、ホンノリした甘い優しい歌。恋してる人も、まだ恋までは・・・って人も、歌いだすと不思議、心がてとても優しくなって彼に甘えたくなる、酔う様な曲。

「切なくなって、愛しくなって」女っぽくなるから、冷たい彼にも響くかも・・・試してみる?

​甘え方のレッスンにどうぞ・・​・。

「Abstract」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

Abstract.jpg
Abstract - Junko Makimura
00:00 / 00:00

午後の木漏れ日の中、Mint TeaBossanova「私だけの世界」My World

「メロ」が美しく誘ってくれる。

余り声を張り上げないで気怠くね!歌い難いところ(音程のとり難いところ)きっちり歌わなくても、アンニュイ気分で曲に溶け込めば、それだけでSexy

​彼を見つめながら歌ってもいいかも!

「この恋の傍から」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

この恋の傍から.jpg
KonoKoinoSobakara - Junko Makimura
00:00 / 00:00

Italian Pops(1960's)がお好きな方に・・・あの時代、素敵な歌いっぱいあったわね!

私、今でも好き!・・・そんな感じの曲。

やさしいからすぐ歌える失恋Song。今は女が男を棄てるけど、この曲は女が男の不実に諦めて「さよならするわ〜この恋の傍から〜」である。

​歌ってみよう。

「SCENE1973」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

SCENE 1973.jpg
SCENE 1973 - Junko Makimura
00:00 / 00:00

思い出してみて!

1973の夏の日、あなたが私を見つめて笑ってるの!

​希望に燃えた16のあの熱い夏、誰にでもある胸キューンSong青春の日々を思い出しながら・・・1音下げて歌う方が唄いやすいカモです。

​「さよならTokyo」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

さよならTokyo.jpg
SayonaraTokyo - Junko Makimura
00:00 / 00:00

夜は孤独を連れてくる。

華やかな都会にひとりぼっちの私とひとりだけの私 ・・・懐かしいMelody-line

SentimentalPassion、「今夜の〜私は〜素直じゃないの〜駄目になりそう〜」。

歌う自分に酔い痴れます。

​これぞKARAOKE

​「Wednesday」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

Wednesday.jpg
Wednesday - Junko Makimura
00:00 / 00:00

平凡な優しさって大事かなぁ〜と思う様な曲、疲れない?

お洒落に、一寸気取って、ボサノバ、然り気無く流れる様に歌います。

​サビの3拍子のアクセントは、この曲のアクセサリー、愛しむ様に、大人の女の気持ちを込めて、歌ってね!

​「九月の未だ暑い日に」

​歌詞はこちらをクリック➡︎

九月の未だ暑い日に.jpg
KugatsunoMadaAtsuihini - Junko Makimura
00:00 / 00:00

絶対、誰も歌わないダろーな?と思う曲。「youtube」で聴いて下さい。

チャイコフスキーのPiano ConcertoIntroで始まります。

曲作りはそうでも無かったけど、歌ってみると歌いにくい。嫌な人はスルーして!

カラオケもどうかなと思ったけれど、世の中いろいろ変わった人がいる。他人が歌う歌、嫌いという人、笑えるくらい簡単に歌える人(そんな人は馬鹿々々しくて歌はないかも?)と思いながら出してみた訳。

サビのメロ、歌いにくいカモね?後半の「私にも新しい人生が・・・」の「アタ〜ラァ〜シィ〜」の所だけ気をつけて!後は・・・?(あなた次第)

Arrangerさんに「コレ以上は知らん!」と怒られました・・・(私の色々の注文に)

​「Rainy good-bye

​歌詞はこちらをクリック➡︎

Rainy good-bye.jpg
Rainy good-bye - Junko Makimura
00:00 / 00:00

歌いやすく優しいから飽きるタイプの歌かも知れませんが、好みはそれぞれだから、お好きな様に・・・。「Nashville風-Soundにノって歌謡曲を」って感じの曲なので、音域も広くなく、軽〜く口ずさむ様な、心地良さ(この曲の魅力)とAlto Saxの甘い絡みで自分に酔って歌える歌。

​ゆれて歌って下さい。