甘く、切なく、死ぬほどに、

50's Dream ひとつの心

 越路吹雪さんが宝塚歌劇を退団、

映画は東宝、歌は、コロムビアレコードの

専属になった1950年代のSPレコード時代

(78回転)余り、知られてないと言っても

良い、越路吹雪「オリジナル歌謡曲」

牧村旬子のカヴァー。

あの時代にこんな曲があったのか?と思う程、「otonaチック」お洒落で、

カッコイイ!「ひとつの心」「花のマンボ」は、東宝映画の主題歌でもある。


藤浦洸 菊田一夫 岩谷時子 原六朗 

古関裕而 仁木多喜雄  和田隆夫 馬渡誠一
作詞 作曲家たち、ゴージャス(なんて

ビッグな方々)1950sに 乾杯 ヴラボー。


 

ひとつの心
越路吹雪「コロムビア・イヤーズ」より

1.ひとつの心 東宝映画「哀愁の夜」主題歌
2.花のマンボ 東宝映画「哀愁の夜」主題歌
3.いつだったかな
4.涙が女の恋なのさ
5.夢のルンバ
6.みんな嘘なの
7.私は死にたい