米PLAYBOY誌の話
 ポリドールを辞めた(1回目)ひとつの理由は、米「PLAYBOY」誌にある。

 「007」シリーズで、日本が舞台になった「You Only Live Twice」(1967年、日本公開)に出演する女優とTanaka Agent girls(ワンシーン、何処のシーンに出るかは分からない)を日本の女の特集とすることで、ロケ側とPLAYBOY誌はタイアップしていた(その頃のPLAYBOY誌は、世界の超一流雑誌、勿論、ヌードは当たり前だけど、誰でも彼でも、出られるモノではなかった)。

 その時は、映画会社、スーパーモデル、有名、無名、ありとあらゆる処から、凄い売り込み合戦だった。

 遊び感覚で「漫画読本」と言う雑誌に、知り合いのカメラマンに頼まれて出た写真をPLAYBOY誌の「Wolfe」カメラマンが見て(どういう流れで見たのかは、知らない)ナナ通信の林さん(女性の通訳?)という方からいろいろ説明されて(どういう流れで逢ったのか忘れた)結果‥。

 「Wolfe」が是非、あなたを撮りたいと言うので、あたし(林さん)が同行するからという事で「ホテル オークラ」でWolfeさんと奥さん(すごくキレイな人で、バレリーナ‥見とれた)と一緒にお会いした。

 その時、「ナゼ?私なのか?足も太いし短い、ナイスバディじゃないから」って、身振り手振りでWolfeさんと奥さんに言った(マァ、ワタシも若くて可愛い頃だったけど)。そうしたらPLAYBOY誌の好みがあって、「雰囲気がCuteでCharmingであるコト(別に美人でなくてもイイ)」って言われて‥ナットク。

 「HOTEL OTANI」の庭園での映画撮影の合間にWalfeさんが「Sean Connery」の処へ私を連れていって、Sean Cornneryさんとの写真を一杯撮った。

 Walfeさんが、「彼女はSinger」って言ってくれたので、Sean Cornneryさんの方から、

---どんな歌、歌うのか?

---ジャパニーズ ブーシ(節?)

私は余り喋れないし、上手く説明できないので「ウ〜ンイエス」と答えた。そしたら、

---Mmm〜Mmmmm(メロディを口ずさんで、後はスマイル)

そのメロディーは「おてもや〜ん ん‥」に似ているようなメロだった。

 スマイル、すまいるの「ツウ ショット」楽しかった。

 Walfeさんは、私と林さん(いつも着物)を連れて、映画撮影中のスタッフ、出演者、監督、他と一緒に、仲良くさせて写真撮影したり、映画のシーンと繋がるような場面があったら撮ろうと気を配っていた。私は食事中のSean Conneryさんにサインをねだったり(彼は怒らない‥)周囲はハラハラ‥。

 日本のmediaは全部シャットアウトだったから、遠くから望遠レンズで。後で、誰だか忘れたけど、意地悪な嫌味を言われた。

 Walfeさん達、どれくらい日本に滞在してたのか忘れたけれど、ホテルはニュージャパンの裏の坂を上がった「ホテル」だったような気がする。そこの部屋で林さん、Wolfeさんと奥さん、私の姉さん(女3人とWolfeさん)で、私を写真撮影した。

 Wolfeさんはこの後、映画に出演している2人の女優さんと何人?かと箱根などに行って映画撮影して帰って来てから‥Sean Conneryさんとの写真を見せて貰った。

 でも「これは、あげられない!」って言われた。何故ならば「写真撮影したものは、全部会社に保管しなきゃなならない契約になっているから(日本で万一何かの雑誌などに発表されたら不可ない‥)」

って‥。

 がっかりしたけれどWolfeさんも仕事としてやっているので、枚数がたくさんあったけど、ちゃんと奥さんが監視(笑)していました。

 契約書は通訳の林さんに説明してもらって署名した。

 銀座で日本人形を見つけてWolfeさんの奥さんにあげた。「このお人形見るたびJunkoさんを思い出すでしょう〜。サンキュ〜」とリップサービス?だけじゃなさそうだと思ったけど‥。

 映画出演の件は、銀座のロケで出演シーンが降雨で中止。その次に決まった日は、私が歌の仕事(地方出演、キャンセル不可)で東京にいなかった‥で、結局、映画出演の件はお流れになった。

 このことがあり、「PLAYBOY誌に出るのは『アメリカ本社』が決めるから分からない」って言われた。

 やがて「PLAYBOY」誌が出た時、マァ、ダメだろう、出てないだろうと思っていたらビックリ。日本の感覚でみたら、別に格別綺麗な写真でもないけど、ページの中に私がいました。

 それからが大変。会社「ポリドール」にマスコミ関係から、問い合わせを始め、いろいろな電話が‥で会社はカンカン、私はナゼ?歌にプラスになると思っていたのに‥。

 その頃レコーディングしていたのが「何故ゆるしたの」「ベッドで煙草を吸わないで」などセクシー路線‥になっていたこともあり、歌にプラスになると思ったし、世界中に出る雑誌に一度出てみたいと思っていた‥。若い時だからネ、別にヌードだって好いジャン、出たくたって、出られないものだし、出られるチャンスだと思ったのに、世の中「平凡パンチ」の時代。

 会社の言い分は「ウチの会社は、『清純歌手路線』で持っています。そんなのがいたら、トンデモナイコトです。しばらく、そっとして静かに収まるのを待っています!」と言ったらしい。(呆れるぜ〜、会社の中では歌手とヤヤッコしい関係一杯の癖に‥)いろいろの問い合わせに全部パーにして止めちゃった。

 PLAYBOY誌に出演した女優さん、皆さん「インタビュー」に答えなかった為、週間「新潮」記者(名前忘れた)が来て何故、如何なる切っ掛けで出たのか?とか詳しく聞いていった。

 チャント、分かったつもりのように聞いてくれていたと思っていたら、出た記事が「大和撫子がお金で脱いだ」ようなコトを書かれた。

 この時「週間誌」って本当のこと書かないんだ、売る為に嘘を面白く書くのだと思ったけど(記事にするテーマを始めから決めて斯かる)‥。

 ポリドールとの契約のシーズンが近づいていたので、こんな頭の古い考えの会社と、誰もフォローしてくれない面白みのない職場の人間‥で辞めました。

 そしたら、「遠藤実」先生に誘われて「ミノルフォン」に入ったら、歌手達(女)が「嫌な歌手が入って来たわネ〜裸になっても、売りたいのかしらネ〜」って!(名前忘れた)少し売れた奴なんか目立った。

 こんなところ1年もいなかった。「遠藤実」先生には悪い事したけれど‥。

 それから、またポリドールが「LPシンガー」として戻って来い、で、セクシーなジャケット(裸が多い)の「夜と女とため息」シリーズとなる。

 あのとき辞めてから、会社の中でアーダ、コーダになったのかネ〜。

 このシリーズは売れたらしい。結局第6集まで出した。また当時流行っていたカーステレオまで続いた。

 ダイナミックな転機の切っ掛けを求めて行動したのに結果は「ミッドナイト歌手」と呼ばれることに‥。

 第7集の計画の話もあったけど、他人の歌を歌うのが嫌になり、またウィスパー唱法にも飽きてしまって辞めた。